WEBショップ始めました  ブログ更新中!
▼ 夏の計画停電対策

▼ 夏の電力需要

▼ 蓄電とは

▼ バッテリー充電器の種類

▼ 電線と電流の関係

▼ バッテリー

▼ ヒューズ ブレーカー

▼ DC/ACインバーター選定

▼ 周波数とは?

▼ 消費電力の算定

▼ 始動電流とは?

▼ 電気の損失


▼ エアコン、冷蔵庫と使うには

▼ システムの構成

▼ 自動電源切替器とは?

▼ おすすめ商品






▼ 会社概要



Skype 受付中
Skypeme








蓄電とは

携帯電話に充電するのと同じで車のバッテリーもエンジンをかけているときに発電して常に充電しています。
では、このバッテリーはどれほど持つのでしょうか?
一般的な車のバッテリーは12Vで40Ah前後です。
分かりやすく違う表示に置き換える計算方法は

12V × 40Ah = 480Wh    

これは一時間で480W使えることを意味しますが、実際には家庭用電圧は100Vなので、変換しなければならず、その際に少し電気量が減ってしまいます。
なので32型テレビが1時間見られるくらいに考えるのがわかりやすいでしょう。
するとざっくりどれくらいの電力量を用意すればよいのでしょうか?
簡単に概略で試算してみます。

エアコン(4.5〜6畳用 2.2Kw) 5Aもしくは500W
冷蔵庫(350L) 5Aもしくは500W
32型テレビ 300W
合計 1300W
とします。この際、照明はLEDに変えていただいて、あとは、あまり電力を消費しないので考えないことにします。電力を消費する大きなものを簡単に言うと、大型のモーターを家電、電気そのもので熱を出す家電です。
これを2時間とすると倍の2600W となります。変換損失を25%程度考えると3250W必要ということになりと、蓄電するバッテリーの電圧12Vから計算すると
3250W ÷ 12V =270A
これは一般的なカーバッテリー6〜7個分に相当します。
(C)Copyright 2004 
Sharela Corporation All rights reserved.
このホームページの内容の著作権は シェアラに帰属します。無断での複製、引用または転載等は禁じます。