WEBショップ始めました  ブログ更新中!
▼ 夏の計画停電対策

▼ 夏の電力需要

▼ 蓄電とは

▼ バッテリー充電器の種類

▼ 電線と電流の関係

▼ バッテリー

▼ ヒューズ ブレーカー

▼ DC/ACインバーター選定

▼ 周波数とは?

▼ 消費電力の算定

▼ 始動電流とは?

▼ 電気の損失


▼ エアコン、冷蔵庫と使うには

▼ システムの構成

▼ 自動電源切替器とは?

▼ おすすめ商品






▼ 会社概要



Skype 受付中
Skypeme








DC/ACインバーターの選び方

消費電力


定格電流150Wとか1500wとか様々なタイプのものがあります。
何を使うかによりますが、使いたい電気機器消費電流の合算+αと尾考えたらよいのですが、始動電流というものがありますので、注意が必要ですが、定格電流の倍くらい最大電流が設定されているDC/ACインバーターが多いのです。


始動電流

起動電力、始動電力、様々な言い回しがありますが、簡潔にいうと一番最初に動き出すための電力のことを指します。
車は最初にギアを1速から開始して徐々にギアを上げていきます。
電気機器にはこうしたギアが無いため、最初のものすごい電流が流れます。一般的にモーターを動かすものが電流が多いとされていまして、具体的にいうとエアコンが2.5倍前後、冷蔵庫で4倍前後の電流が流れます。これでもインバーターという仕組みが採用されていて、昔に比べてずいぶん少なくなっているようです。こんなこともあって最近の家電製品が飛躍的に消費電流が少なくなってきているわけです。
500wの冷蔵庫でいうと、一時的に2000wくらい電力を消費すことになります。
また、500wのエアコンは1250wとなり、これだけで合算すると3250wとなります。アンペアでいうところの32.5Aです。すると、相当大きいDC/ACインバーターを用意することになりますが、費用も高額になってしまいます。これは私見ですが、使う電気機器の中で最大の始動電流+常時使う定格消費電流-最大の始動電流の定格電流=DC/ACインバーターの最大電流くらいでよいかと思います。エアコンはリモコンのスイッチを入れないとコンセントをつないでも始動しませんので、冷蔵庫が落ち着いたところで始動させればよいと思います。
あとは、ヒューズという保険をかけて、両機器が同時に始動しないことを祈るばかりです。
比較するとわかりますが正弦波インバーターは大きくなればなるほど価格がとても高いです。


(C)Copyright 2004 
Sharela Corporation All rights reserved.
このホームページの内容の著作権は シェアラに帰属します。無断での複製、引用または転載等は禁じます。